日本家屋に適した木造住宅|障子を張替えてダメージを修繕

作業員

早めに変えるメリット

ふすま離れから一転、洋室などにもふすまが見られるようになりました。張替えは専門業者に任せるのが最善で、良い職人さんなら長く美しさを保ってくれます。安さだけに飛びつくのではなく、実績などもしっかりと見極めましょう。

リフレッシュ空間を作ろう

畳

い草を香りが心地よい畳は、通気性や保温効果、防音効果などさまさまな特徴があります。経年変化と共に傷んだ畳は、表替えや裏返しなどといった畳替えの手法で綺麗に甦らせることができます。リフレッシュ空間と整え、さまざまな機能を取り戻しましょう。

日本家屋で利用される建具

障子

日本には古くから日本家屋と呼ばれる独特のスタイルの住宅があり、現在もこうした住宅に住んでいる人は少なくないです。日本家屋の特徴としては木材をふんだんに使っている点や、屋根には瓦を用いている点等を挙げる事が出来ます。それ以外にも床に畳を敷いたり襖で部屋を仕切る等の特徴がありますが、その中で障子も忘れてはいけない存在だと言えます。障子とは木や竹等で作った枠組みに和紙等を貼ったもので、窓の内側に設置する建具の事を言います。窓からの冷気が部屋に侵入するのを防いだり、外からの人の視線を避ける等といった役割を持っています。日本家屋においては欠かす事の出来ない大切なものですが、破損が発生しやすい建具だとも言えます。上記したように障子は竹や和紙等で出来ているため壊れやすく、特に和紙が破れるのは日常茶飯事です。また障子は日光を浴びやすいので紫外線によるダメージも大きいので、定期的に張替えを行うのが望ましいとされています。障子の張替えの具体的なやり方については最初に和紙を剥がし、枠組みを拭く等して綺麗にします。その後で枠組みの大きさに合わせて和紙をカットし、枠組みに糊を付けて和紙を張っていくのが張替え方法の基本となります。和紙を張る際には和紙が斜めになったりよれたりしないように、全体の状態をチェックしながら行うのが大切です。ただ中には仕事等が忙しくて障子の張替えが出来ない人や、自分では上手に出来ないという人もいます。こういった場合には専門業者に依頼するのも有効で、料金は発生するものの綺麗に仕上がる等といったメリットがあります。